お中元を贈るタイミングをチェック

お中元は何となく7月頃に贈るアイテムというイメージを持つ方が、多いのではないでしょうか。

実は日本の各地域によって、お中元を贈るのにベストなタイミングは異なると言われています。
例えば、北海道の場合は旧盆の7月15日ごろから8月15日ごろまでに贈るのが一般的です。


北・関東地方は7月初旬から7月15日までがお中元の期間です。贈る期間がとても短いので、忘れないように注意する必要があります。

また、最近は東京や神奈川を中心として、6月20日ごろから贈る方も増えているようです。
7月15日以降は残暑見舞いとなるので注意が必要です。

様々な分野のお中元情報を豊富に提供しています。

北陸は、関東と同様に7月初旬から7月15日までという地域と、北海道と同じく7月15日から8月15日までとなっている地域と大きく2つに分けられます。



東海・関西・中国・四国も北海道同様、7月15日から8月15日までが一般的です。

ですが、これらのエリアも東京などの影響を受けて、6月下旬に贈るケースも増えています。


九州は他のエリアとは異なり、8月1日から8月15日までがベストタイミングです。
8月15日以降は残暑見舞いとなります。

沖縄の場合は7月15日までに届くようにするのがマナーです。



沖縄は中国の文化の影響を強く受けていることもあり、旧暦を利用するケースが多いようです。


ですので旧暦のお盆シーズンである7月15日までが、お中元のベストタイミングとなっています。

このように各エリアによって多少ずれがあるので、前もってチェックしておくと安心です。