お中元を手渡しで渡す際のポイント

お中元は夏の7月中旬から8月中旬ころまでに送る、感謝の気持ちの品物となります。
ネット通販といった方法を利用しても問題はありませんが、基本的には直接相手の自宅に出向いて手渡しするのがマナーです。

お中元の情報探しはそれほど難しくありません。

実際にお中元を渡す際のマナーは、しっかり把握しておき失礼のないように対応する事が重要となります。お中元自体の商品は包装紙なども落ち着いた物を選び、熨斗もつける事が基本です。

また水引自体も5本から7本利用した紅白蝶結びにします。
熨斗に記載する上段にはお中元と記載し、下段には名前や会社名などを記載する用にする事が大切です。実際に相手の自宅に伺う際は、いきなり行くのではなく事前に相手側の都合を確認しておくようにします。

相手側が予定があり不在の日や忙しい時間帯などを避ける必要があり、事前に相手の都合を確認して合わせるという事が重要です。



また伺う際の時間帯としては早朝や深夜といった時間や、食事をしている時間帯など避ける事も基本となります。


自宅に伺った際は部屋に通されていきなり渡すのではなく、まずはしっかり挨拶を行う用にする事が重要です。


挨拶後に改めて品物を取り出し、熨斗が相手にとって正面になるように剥けて渡します。



その際に再度感謝の言葉を添える事を忘れずに、感謝の気持ちを伝えつつ渡すようにします。あくまでも基本的なマナーとなるので、手渡しで渡す際はしっかりマナーを守りながらお中元を渡す事がポイントです。

お中元の対策方法

お中元は何となく7月頃に贈るアイテムというイメージを持つ方が、多いのではないでしょうか。実は日本の各地域によって、お中元を贈るのにベストなタイミングは異なると言われています。...

more

お中元の情報分析

お中元を受け取った場合には、失礼なことがないように、あらかじめマナーについて把握しておく必要があります。まず最初にお中元を受け取ったら、すぐにお礼の連絡をするのがマナーの一つと言えます。...

more

お中元の耳より情報

会社を経営していると、個人ではなく取り引き先の企業に対してお中元を贈ることが必要な場合は目立ちます。現在ではネット通販で購入することができ、有名な小売会社が自社の公式サイトでお中元専用のページを設けていることが多いので、会社内にいながらパソコンを使って簡単に発注することは可能です。...

more

お中元の大人の常識

お中元は日頃の感謝を伝える昔ながらの風習のひとつです。百貨店や進物店などで何が良いかと悩み、届けるのは一苦労と言えます。...

more