お中元を受け取った際のマナーについて

お中元を受け取った場合には、失礼なことがないように、あらかじめマナーについて把握しておく必要があります。


まず最初にお中元を受け取ったら、すぐにお礼の連絡をするのがマナーの一つと言えます。


お礼の連絡はお礼状を書くのが正式な方法ですが、近年では電話やメールなどの手段がお礼の言葉を伝える方法として用いられることも珍しくはありません。

お中元はかなり有益な情報が揃っています。

電話やメールなどで伝えてもよいですが、のちにお礼状は送るのが正式なマナーと言えます。



特に目上の人、日頃からお世話になっている人などに対しては、失礼のないようにハガキや手紙にお礼を書いて早めに送るようにしましょう。
3日以内には送ることを心がけ、どんなに遅くても一週間以内には相手に届くようにする事が一つの目安です。
一般的にお礼状を送る時期が暑中見舞いの時期と被ることになるでしょう。そのため暑中見舞いのはがきにすることにより、お礼と共に、相手の健康を気遣うこともできるため、季節に合わせたお礼状になります。

送るのが遅くなって立秋の時期を過ぎた場合には、残暑見舞いと変えることを覚えておきます。なかなかお中元のお礼状の構成がわからないという場合には、インターネットや本などの例文を参考にしながら、文章を組み立てるのが良い方法です。
何度か書いているうちにだんだんとパターンが分かってくるはずです。



ルールやマナーを守りお礼状を送ることにより、もらった相手に対し十分に感謝の気持ちを伝えることにつながります。