グループウェア

グループウェアの機能あれこれ

企業内でのコンピュータ・ネットワークが一般的になった今日では、グループウェアを導入している企業がほとんどです。このグループウェアですが、基本的には企業などの組織内の情報を共有し、業務の効率向上を目的とした統合ソフトウェアです。

グループウェアは一般的にブラウザ型のものが多く、ネットワーク接続さえできれば、クライアント側のマシンのOSは限定されず、また特別なソフトをインストールする必要なく使用できるようになっています。グループウェアは、企業内での情報供給・効率向上を目的としており、電子メールや電子掲示板などの通信系の機能、スケジュール管理や会議室管理やドキュメント共有などの情報共有機能、ワークフローなどの効率向上機能が1つに統合されたものです。

各機能における権限は、細かく設定できるようになっており、例えば自分の所属する部・課の掲示板は読み書き可能で、他の部・課の掲示板は閲覧のみ可能、といったように設定することができます。また、各機能は統合されているため、例えばスケジュール管理で会議を設定したような場合に、会議室管理と連携してその会議時間帯で使用できる会議室がすぐに表示されたり、会議の出席者の予定をスケジュール管理からピックアップしたり、出席者にメールで出席依頼通知を行ったりすることができます。

最近では、ユーザー間でのチャットや、電子黒板などの電子会議システムが組み込まれたシステムも出てきています。この場合、遠隔地のユーザーとも物理的な制限なしで会話したり、情報を共有したりすることが可能となります。