012 (2)

ネットワークを生かしたグループウェア

グループウェアとは、ネットワークを生かした情報共有のためのソフトウェアです。

ネットワークに接続されているコンピュータ同士で情報共有ができます。
主にビジネスで用いられるもので、スケジュール管理やファイルの共有などに用いられます。
業務を効率化するために作られているもので、いろいろな機能が取り込まれています。
グループウェアは、イントラネットの中で用いられることが多かったのですが、ここ最近ではインターネット上で共有されるケースが多くなってきています。
インターネットが普及し、通信コストが下がってきたことによって、インターネット上で利用できるサービスやソフトウェアは非常に多くなってきていると言えるでしょう。
グループウェアもその流れに乗って、インターネット上で利用できるものが多くなっています。
インターネット上でサービスが提供されるために、閲覧するための特別なソフトウェアをインストールするのではなくて、ブラウザで閲覧できるようになっていることが多いです。
ブラウザはいろいろな端末に搭載されていますから、ブラウザで閲覧できるようにすることによって、パソコンからだけではなくタブレットやスマホなどからもアクセスできるようになっています。
外出先から情報を確認したいと言ったときにも、ブラウザがあればアクセスできるのですから、端末を問わずに利用できます。
そのために、グループウェアではブラウザで表示できるようになっているものが多いのです。