サブリースには多くのメリットがあります

アパート経営者にとっては一括借り上げをしてくれるサブリースは使い方によっては多くのメリットがあります。

オーナーにとっては面倒な入居や退去の手続きや家賃の集金などを業者側に全て任せることも出来ますし、更新の際も何もしなくても大丈夫で契約期間中は一定の家賃が保証されます。そのためアパート経営には興味があるんだけどあまり管理面に時間を割けられない人には大きなメリットがあります。ですがさまざまなトラブルが発生して社会問題に発展していて、改めてメリットだけではなくデメリットも理解しておくことが大切です。

想定できる不安は、やはりサブリース業者側と決める家賃の金額です。原則的には契約期間は家賃は据え置くとのルールが定められていますが、想定よりも部屋の稼働率が大きく落ち込むと契約期間内とはいえ家賃減額を提案してくるケースもあります。契約期間中は仮に家賃が据え置きでも契約期間が終了すると大きな家賃減額を提案される可能性もあり、オーナー側は思っていた以上に家賃収入が落ち込むことも想定されます。

契約設定時に決められている補修やリフォームもトラブルになる要因で、当初、想定していた以上の頻度で業者側より遺体される可能性もありますしリフォーム業者も選べないケースも考えられます。アパート経営のオーナーにとっては魅力的な部分だけがクローズアップされているサブリースですが、利用する前にしっかりと契約内容を確認してから判断する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *