適切なサブリースのプランで安定的な収入を

不動産に関する話題で耳にする機会の増えた、「サブリース」という言葉をご存知でしょうか。

サブリースは、賃貸物件経営における一つの形態であり、不動産会社が貸主(オーナー)から賃貸物件を一括して借り上げます。そして物件を入居者にしだすという契約のことを指します。賃貸物件を貸し出す場合には家賃の設定が重要となりますが、この場合には賃料は近隣地域の実勢家賃をベースにして算出され、空室が合った場合であってもサブリース会社から、賃貸料がオーナーに対して支払われる「家賃保証」が魅力のシステムとなっています。

保証される賃貸料は、入居者が支払う金額に対しておよそ8割から9割程度に設定されていることが多く、5万円の賃貸料の部屋であれば4万円から4万5千円がオーナーの家賃収入となるわけです。契約には賃料固定型と実績賃料連動型の2種類があり、比較的リスクが低く安定的な収入が得られるのは賃料固定型となります。これは契約時に定めた賃貸料金が一定のまま推移することとなりますので、将来的に物件の価値が上がった場合であっても受け取ることのできる金額は増えないこととなります。

一方で実績賃料連動型の場合には、家賃相場が上昇した場合にはオーナーが受け取れる賃貸料も増額となりますので、経済情勢の状況によっては増収が見込めます。その逆の動きとなる場合もありますので、リスクも含んでいることには注目しておくことが大切です。これからサブリースで賃貸経営を始めたい場合には、信頼できる不動産会社を選び相談してみることがお勧めです、最適なサブリースプランをアドバイスしてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *