サブリースのメリットを考えてみよう!

賃貸物件を所有しているとき、借りたい人と直接契約を結ぶしかないと思っていませんか?実は最近ではサブリースという賃貸形態の仕組みに注目している方も増えています。

この仕組みにおける最大の特徴が、家主と借主の間に不動産業者が入るという点です。不動産業者は転貸を目的として、家主から賃貸物件を一括で借り上げます。そして転貸を目的としているので、一括で借り上げた物件をまた別の方に貸すのです。この仕組みがサブリースになります。では実際にこのような仕組みを利用することには、どのようなメリットがあげられるのでしょうか。最大のメリットと言ええるのが、家主側は安定した収入が期待できるという点です。自分で賃貸物件の管理を行おうと思うと、空き室対策などいろいろと行う必要が出てきます。

しかし不動産業者に一括で借り上げてもらうことで、家主側の負担を大幅に減らすことがつながります。空き室対策を自分で考えなくても、サブリースの仕組みなら安定した収入が得られるので収支計画も立てやすくなっています。1つ注意しなければならないのが、どのように家賃を決めるのかという点です。固定タイプだと収入がわかりやすくなりますが、情勢などに合わせて変動するタイプを選ぶことも可能です。変動するタイプの家賃にしたら、景気が良くなれば収入が増える可能性もあります。ただし場合によっては収入が減ることもあるので、状況を考慮して利用の仕方を考えていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *