マンションから退去するときの手続き

賃貸マンションから退去するときには手続きが必要となります。

その手続きについては契約書に記載されていますから、まず契約書を確認するべきでしょう。いつまでのどのような方法で解約するのかを確認することが必要となります。個人でマンションの賃貸借契約を結んだ場合、借り主は1ヶ月前までに書面で申し出るのが一般的です。ですから、書面の作成が必要となります。契約を解除するための書類については、契約書を受け取るときに一緒に受け取っていることもあります。

その場合には書類に必要な事項を記入して提出すればよいです。もしも書類がない場合には、早めに書類を貰いに行きましょう。どこに行けばよいのかということについても契約書に記載されているはずです。契約をした不動産屋が管理を行っている場合には、その不動産屋で手続きができるケースが多いです。管理会社別の場合には、その管理会社に連絡をすることが必要となる場合が多いです。

どちらにしても、契約書にはその方法が記載されていますから、確認しておくべきでしょう。解約する通知を忘れた場合には、無駄な家賃を支払わなければなりません。例えば、1ヶ月前までに通知しなければならないと決められている場合には、明日からは部屋を使わなかったとしても、その日に通知して1ヶ月分の家賃を支払わなければならなくなりますから注意が必要です。マンションから退去するかも知れないと思った時には、その準備を始めるのが良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *