マンションの契約に実印が必要な場合

マンションの契約をするときに実印が必要になることがあります。

認め印でも契約できることが多いですが、少しグレードの高いマンションなら実印を求められることが多いです。実印とは、印鑑登録された印鑑を指します。印鑑を販売している店に行けば、実印として販売されているものもあります。これは正確には実印ではなくて、実印として登録のできる普通の印鑑という意味です。印鑑登録をするためには、決められた様式に従った印鑑を要衣しなければなりません。

印鑑を販売している店では、この様式に従ったものを販売しているだけに過ぎません。ですから、購入した印鑑を役所で登録することが必要となります。住民登録をしている自治体の役所へ行って登録の手続きを行うことが必要となります。市区町村の役所に行けば、手続きの方法を教えてくれるはずです。なお、その際にいくらかの手数料を支払わなければならないことがあります。とは言っても数百円くらいの定額の場合が多いです。

すでに印鑑登録をしている人なら問題はないと思いますが、まだ実印を持っていない人なら、マンションを探し始めた時点で印鑑登録の手続きをしておいたほうが良いでしょう。印鑑を作るのにも時間がかかりますし、登録をするのにも時間がかかるという点に注意しなければなりません。何ヶ月もかかることはありませんが、いくらかの日数は必要となりますし、役所は土日に手続きを行っていないことも多いですから、早めに準備しておいたほうが良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *