マンションの更新料の考え方

マンションの賃貸借契約を結ぶときには、契約期間を定めることが多いです。

契約期間は1年から2年くらいに定めていることが多いです。普通借家契約の場合には、その契約期間が過ぎても住み続けることができます。定期借家契約の場合には、契約が切れた時点で新たに契約を結ばなければなりません。どちらの場合でも契約期間は定められているのですが、その期間を超えて入居したい場合には、更新の手続きが必要になることがあります。更新をするときには不動産屋で更新料を支払うのが一般的です。

家賃の1ヶ月分くらいに設定されていることが多いですが、その金額はそれぞれで異なっています。契約を結ぶときに、更新料が必要なのかどうかを把握しておくことは必要でしょう。最初から物件情報に、更新料が必要になることが記載されていることもありますし、そうではない場合もありますから、事前に確認しておいたほうが良いです。

その考え方についてですが、例えば家賃が6万円で更新料が1年毎に家賃の1ヶ月分である場合を考えてみましょう。この場合、年間で支払う金額は家賃の72万円と更新料の6万円で、合計78万円となります。これを12で割ると、6万5千円となります。つまり、家賃が6万5千円で更新料のないマンションに住んでいるのとコスト面では同じだと考えられます。マンションの更新料を支払わなければならないのなら支払えばよいのですが、このようにして割高でないのかどうかを判断していくことは必要でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *