マンションに入居するときの重要事項説明

マンションに入居するときには契約を結ばなければなりませんが、これについては宅地建物取引業法によっていろいろな規制がなされています。

その一つが重要事項説明です。賃貸借契約を締結する前に、不動産屋は物件の内容や契約条件などの重要事項について説明しなければならないと定められています。それを行うのが宅地建物取引主任者で、この資格を持った人が説明に当たります。重要事項説明の内容についてですが、これは大きく分けると物件に関する項目と取引条件に関する項目との2つに分けられます。この時には色々なことを説明してくれます。

文字通り、非常に重要なことを説明していますから、もしもわからないことがあれば、その場で聞き返すようにしましょう。理解しないまま契約を結ぶと、それが原因であとからトラブルになることもありますから注意が必要です。難しい言葉もありますが、きちんと理解するようにしましょう。また、重要事項説明を受けたあとに、マンションに入居しないと決めることもできます。

あくまでも契約を結ぶまでは入居する必要はありません。重要事項説明で最後の確認をすると考えておいたほうが良いです。口頭で説明しなければならないと定められていますが、形式的に棒読みするだけの場合もあります。それでも内容を理解できればよいのですが、理解できない場合には教えてもらいましょう。きちんと理解しておくことが、マンションへの入居でのトラブルを少なくするための最良の策なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *