マンションの売買契約の意味

マンションの売買契約ん基本的な考え方を把握しておくことは有用です。

まず、売買契約というのは、基本的には買い手と売り手との合意によって結ばれるものですから、法律に違反している場合や、明らかに公序良俗ん未違反しているなどの問題がない限りは、自由に結ぶことができます。逆に言えば、買い手としてはきちんとその内容を理解しておかなければならないわけです。法律で禁止されているのは、消費者が一方的に振りになるような契約を結ぶことです。

業者と一般消費者では不動産に関する情報量は大きく異なりますから、普通に考えれば業者側のほうが有利な内容とすることができます。そのため、消費者が一方的に振りになるような契約は法律によって禁止されています。このような法整備があるのですが、やはり契約には法的な効力がありますから、マンションの売買契約を結ぶ際には契約の内容をきちんと把握しておかなければなりません。契約は法的な効力を持ちますから、一旦契約を結んでしまうと簡単には解除することはできません。

一方的に破棄したいと行ったとしても、相手方も認めてくれないでしょう。解除できるのはいくつかの限られた状態だけです。業者から買う場合に、クーリングオフを利用できるケースがあります。また、手付金を放棄することによって解除できます。転載などによってマンションに何らかの影響があるなどして、契約を履行できなくなった時には、危険負担による解除を利用できるケースもあります。他にも瑕疵担保責任に基づいて解除することもできますが、解除するのは難しいと考えておいたほうが良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *