マンションとアパートとコーポとハイツの違い

賃貸住宅を探していると、マンションやアパートなどの記載があります。

他にもコーポやハイツなどの記載があることもあります。どれも賃貸の集合住宅という意味ですが、それらにはどのような違いがあるのでしょうか。結論的に言うと、法的には特に区別はありませんし、業界内でも区別しているわけではありません。大まかな傾向で呼んでいると考えたほうが良いです。マンションと言った場合、どちらかといえば高層のものを指すことが多いです。4階建て以上くらいのものだと考えられます。

また、構造は鉄筋コンクリートになっているものが多いです。これに対してアパートといえば、高くても3階建てで、多くは2階建てか平屋です。そして、構造は木造や鉄骨のものが多い傾向があります。だいたいこのような傾向がありますが、正確にこのようになっているわけではありません。例えば鉄骨造りでもマンションと名付けられることもあります。コーポやハイツというのは、アパートと大して変わりはありません。

オーナーの趣味で名前をつけているという感じでしょう。このように、呼び方については細かい区別はありませんから、自分の目で実物を見るのが良いと考えられます。マンションが良いと思っていても、アパートを見てみると設備や間取りが優れていて、そこに住もうと思うようになるかも知れません。言葉の先入観で考えるのではなくて、実物を見てから判断すれば、良い物件が見つかるかも知れません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *