保証人無しでマンションに住むには

マンションに入居するためには保証人を求められることがあります。

保証人とは、借り主とともに債務を負担する人を指します。例えば借り主が賃料を支払わなかった場合には、保証人が代わりに支払わなければなりません。保証人になれば、法的には支払いを拒否することはできないのです。また、借り主が建物を損傷させてしまった場合などには、保証人が代わりに修繕費用を支払わなければなりません。このようなことを考えれば、保証人になってくれと頼まれても断りたいと考える人は多いでしょう。

保証人になってくれる人がいなかった場合にはどうすればよいのでしょうか。マンションによっては保証人がいなくても借りられるケースもあります。例えば保証会社を利用することによって入居できるケースは多いです。このような物件は、最初から「保証人不要」となっていることが多く、保証人を探さなくて良い代わりに保証料を支払わなければならないのが一般的です。

保証会社を利用したくないという場合もあるでしょうし、人によっては保証会社の保証を受けられないこともあります。このような場合でも交渉次第では入居できる可能性があります。例えば、半年分から1年分の家賃を先に支払っておくことで入居できるケースもあります。このあたりの交渉は不動産屋を通してオーナーと行うことになりますから、保証人無しでマンションに入居したい場合には、不動産屋の営業マンを味方につけることは必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *