安易にマンションに申し込まないように

住みたいマンションが決まった時に、とりあえず確保するという意味で申し込みをしておこうと考える人もいるようですが、このように安易に申し込みをするのは良いことではありません。

マンションへの入居の申し込みを行えば、不動産屋は書類の準備を始めますし、オーナーも入居に向けていろいろなことを行う可能性があります。そこでやっぱり入居しないと言えば、不動産屋もオーナーも迷惑に感じるでしょう。その後は物件を紹介してくれなくなる可能性もあります。このようなことを避けるために、マンションの申し込みをするときには申込金を預かる不動産屋が増えています。

申込金は先払いのようなものですから、実際に入居の契約を結ぶときには、支払金額から差し引かれるという形で返還されるのが一般的です。ですから、申し込みをしてからきちんと契約をするのであれば何も問題はないのですが、契約をしなかった場合にトラブルが怒ることがあります。契約をしない限りは1円も支払わなくてよいのですが、それでも返還してくれないというトラブルが多くあるようです。

返還してもらうためには支払ったことを証明するために領収書をとっておくことは大事なことの一つです。また、断る可能性があるのなら事前にその旨を伝えておいたほうが良いです。申し込みに関してはこのようなトラブルが怒ることが多いようですから、本気で入居しようと思っている物件以外には申し込みをしないようにするべきです。
大規模修繕のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *