医療脱毛にはどのような施術方法があるのでしょうか

医療脱毛は、医師や看護師の資格を持っていて、かつ脱毛方法別の資格認定を受けている人のみ施術できます。

そして、医療脱毛の施術方法には、電気針を使う針脱毛とレーザーを照射する(医療)レーザー脱毛の2種類あります。この2つの脱毛方法は原理的に同じです。その原理とは、毛根とそのまわりの細胞を熱することでこわして毛を生えさせなくさせるというものです。

ところが、毛には、毛周期という生え変わりの周期があります。目に見えている成長期にある毛、その後に抜け始める退行期、目に見えない休止期という周期をくりかえしています。この内、上記の脱毛方法が有効なのは、成長期にある毛に対してだけですから、1回だけの施術では脱毛できません。このような理由から1、2年かけて何回かの施術を行なって、やっと脱毛できます。針脱毛は、歴史の古い脱毛方法です。これは、1本1本の毛の毛根部分に電気針を差し込んで、針の先端から高周波などを発生させて、その時の熱で毛根とその周囲の細胞をこわします。

このやり方は、1本1本の毛に対して施術を繰り返しますので、脱毛部位にもよりますが、一般に時間がかかります。また、施術時の痛みが強いことから麻酔をしてから施術するのが普通です。そして、施術費用も高額になります。ただし、脱毛効果は抜群で、永久脱毛が可能な脱毛方法として認められています。レーザー脱毛は、医療用のレーザー機器を使って、脱毛部位にレーザーを照射します。このレーザー光は、毛根の色の濃い部分(メラニン色素)に作用して、その部分に熱を発生させます。この熱によって細胞をこわす訳です。こちらの脱毛方法は針脱毛ほど歴史が長くありませんが、その効果は永久脱毛できると考えられています。この2つの医療脱毛の内、今流行っているのは、費用もリーズナブルで施術時間も余りかからないレーザー脱毛の方です。

銀座でレーザー脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です