エステやクリニックでの脱毛前後は飲酒は避けるべき

エステサロンやクリニックに通う場合、お酒が好きな人は脱毛する前後にお酒を飲む事は避けておく必要があるので気をつけなくてはならないです。

どうしてお酒と脱毛が関係あるのか、その理由についてここでは説明します。理由を知るためには、まずこれらで行われている処理方法の基本的な仕組みを理解する事が重要です。簡単に述べると高出力の光エネルギーを照射し、そのエネルギーを体毛が吸収する事で熱を発生させて細胞にダメージを与えています。

照射した後は毛穴の周辺の肌が赤くなる事もありますが、それは熱エネルギーが周囲に伝わっているためであって軽い火傷状態とも言えます。その状態でもきちんと冷却したり肌の手入れを行えば悪化する事は無くすぐに元の肌の状態に戻るのですが、肌が刺激に対して敏感になっている状態であるためにちょっとした刺激で炎症が悪化してしまう可能性があります。

そしてその刺激の原因の一つが飲酒なのです。飲酒をすると血行を良くして体温を上昇させる作用がありますが、その作用が肌への刺激となって炎症が悪化してしまう事があるのです。飲酒をするとしばらくはアルコールが体内に残るために、肌が敏感になっている間は体内にアルコールがある状態は避けるべきなのです。だからこそ脱毛した後だけでは無くて脱毛前から飲酒は避けておくべきであり、施術を行う前後半日程度は飲酒を避けておくのが無難なのです。例えば、忘年会などで飲む機会が多い時期に脱毛する場合、施術前後にあまり間を空けずにうっかり飲んでしまうという事にならないように注意して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です