医療脱毛の種類について

医療脱毛には、二つの種類があります。

まず、レーザー脱毛は、メラニン色素に反応するレーザーにより、毛乳頭を破壊し、脱毛する方法です。サロンやエステといったところでは施術することができません。ただし、毛根を焼き切る行為は脱毛効果が高い反面痛みを伴う施術となります。また、サロンなどと比べると多少価格が高くなります。医療脱毛となると、レーザー脱毛は、強力なレーザーを使うことができるため、サロンやエステよりも通院回数が少なくてすみます。

また、一度に広範囲の脱毛をすることができます。また、黒い色素に反応するため、白髪や産毛などには効果がないということもあります。さらに、やけどのような状態にもなることがありますが、エステやサロンと比べて、医療機関が施術するため、迅速な対応をすることができます。

もう一つの医療脱毛として、ニードル脱毛があります。ニードル脱毛は、毛一つ一つに絶縁処理をした特殊な針を刺し、針からの微弱な電気で毛乳頭を一つ一つ破壊していく方法です。もう一つの医療脱毛である、レーザー脱毛と比べると、広範囲の施術ができず、かなり時間がかかってしまう上に、かなり痛みを伴います。

また、完璧な永久脱毛に近い脱毛効果を得ることができ、さらには、黒い色素に反応するレーザー脱毛と比べると、毛質などにかかわらず施術することができるということがメリットです。また、レーザー脱毛では行うことができない部分も脱毛することができるため、併用して行うこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *