医療脱毛の種類と脱毛のメカニズム

病院やクリニックと言った医療行為が可能になっている施設で行われる脱毛の事を総称して医療脱毛と言います。

美容目的での脱毛でもあり、女性を中心としたお客さんが1年から2年と言った期間の中で脱毛を繰り返すことで永久脱毛を可能にするなど、脱毛サロンとは脱毛の効果そのものが異なるのが特徴です。脱毛サロンでの施術効果はツルツルの肌にすることは出来るものの、発毛組織を破壊する事が出来ないためムダ毛が再び生えて来ることも在ります。その点、医療脱毛は発毛組織を破壊する事が出来る方法でもあり、組織が破壊されることで同じ組織から毛が生えて来ることが無くなると言う特徴を持ちます。

尚、利用脱毛にはレーザーを利用した方法の他、電気針を利用した方法も行う事が出来ます。毛穴に細い針を挿入すると言うのは医療行為が可能な病院もしくはクリニックのみであり、挿入した針に電流を流すことで針先にある発毛組織に熱を与えて毛が生えるメカニズムを停止させることが出来るのが特徴です。

尚、針には絶縁体が設けられているため、絶縁針脱毛とも呼ばれていますが、絶縁と言うのは電流を通さないと言った特徴が在り、針先以外に絶縁体を設けておくことで電流による肌へのダメージを与える事が無くなり、安全な状態で脱毛の施術を受ける事が出来ます。

また、レーザーによる脱毛の場合は産毛などに対しての効果が弱いと言われていますが、絶縁針による脱毛は産毛などに対しても効果を持つなどの医療脱毛のメリットが在ります。
銀座の医療脱毛クリニックのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *