美容皮膚科と普通の皮膚科の違いとは

アンチエイジングで病院に行きたいんだけど、皮膚科と美容皮膚科、どっちがいいのだろうか。

こんな風に迷ったことのある方もおられるかもしれません。どちらも皮膚科と名前はついてるので同じのような気もしますが、美容皮膚科は美容とついてるので、こちらのほうがより専門的な気もします。果たしてこの二つはどう違うのでしょうか。またアンチエイジングを行ううえでは、どちらを利用したほうがいいのでしょうか。

まずこの両者の違いですが、皮膚科は「病気をなおすための医療機関」という特性が強く、一方の美容皮膚科のほうは「肌をきれいにする医療機関」という特性があります。皮膚科ではあくまでも皮膚におけるトラブルや機能的障害を治すためのものであり、それ以上の審美性は追及しません。

しかし美容皮膚科においては、ほとんどが自由診療であることから、メインが審美性を追求した医療機関であることが分かります。単に機能的なトラブルを解消するのが皮膚科の役割、機能的なトラブルを解消して、なおかつ見た目を良くするための施術を行うのが美容皮膚科であると覚えておくといいでしょう。

ちなみに自由診療であるということは、治療にかかる費用が全額自己負担ということになり、健康保険が適用できないことを意味しています。したがって自由診療を受けるときは、治療内容をチェックするだけではなく、かかる治療費について予算を考えたり資金計画を練ることも必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *