医療脱毛をするなら日焼けは気をつけよう

医療脱毛であるレーザー脱毛を行う場合には、通っている間は日焼けをしないように気をつける必要があります。

日焼けと脱毛がどうして関係があるのか不思議に感じる方もいますが、その理由をここでは説明します。医療脱毛で用いているレーザーというのは高出力な光のエネルギーの事であり、レーザーを体毛がある部分に照射すると体毛に含まれている色素のメラニンが光を受け取って熱を出します。

その熱が毛根の細胞を破壊し、それによって脱毛効果が得られるというのが医療脱毛の仕組みとなっています。肌がレーザーのエネルギーで発熱してしまう事が無いように考えられた上で開発された方法なのですが、日焼けの場合はそうはいかないのです。

日焼けというのは肌を紫外線から守るためのものなのですが、肌が黒くなるのはメラニンが生成されるためとなっています。レーザーで脱毛できる仕組みの中でも説明したように、体毛というよりもメラニンを利用して脱毛する仕組みとなっているので、日焼けした肌にレーザーが当たると体毛と同じように発熱してしまうのです。

日焼けしていない肌であっても体毛から出る熱が伝わって痛みを感じるのですが、直接肌で熱が発生すればより酷い事になって火傷をしてしまいます。だからこそ日焼けには気をつける必要があり、特に紫外線が強い季節に外に出る時には気をつけた方が良いです。

日焼けしてしまった場合は肌を見ればすぐにわかるので、その状態で施術をしてしまう心配はないですが、日焼けが落ちるまでは施術できなくなってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *