医療脱毛の副作用も知っておこう

クリニックでは、医療脱毛前に肌状態を調べて、副作用を最小限に抑えられるようにしています。

ただし、すべての人に副作用が起こらないというわけではありません。通っているうちに肌質が変化する可能性もありますし、自律神経やホルモンバランスの変化によって医療脱毛による影響が変わってくる可能性もあります。

副作用として起こる可能性があるのは、肌の赤み、ヒリヒリ感、毛嚢炎(もうのうえん)などです。強いエネルギーを照射するので、肌に赤み、ひりつき、痛みがあらわれる可能性があります。また、やけどのような症状が出ることもあるので、術後は注意が必要です。

毛嚢炎は、毛穴に雑菌が入ってしまい炎症が起こる症状です。術後は施術部位の周辺を衛生的に管理することが対策になります。毛嚢炎は放置していても治りますが、症状がひどいようならば施術を受けたクリニックに相談するか、近くの皮膚科に相談するようにしましょう。また、肌の状態が悪い時には施術の中断も考慮する必要があります。

他の医療脱毛の副作用としては、硬毛化、増毛化、があります。施術した後に毛が硬くなったり、施術前より毛が増えてしまうことです。起こりやすいのは、顔、うなじ、背中、などの毛が薄くて細い部分です。

この症状は一時的なものでだんだんと軽減していくのが普通ですが、どうしても気になるようであればクリニックの治療が不適切な可能性もあるので、セカンドオピニオンとして他のクリニックの利用も考えてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *