医療脱毛にはどんな方法があるのか

脱毛する際にはエステサロンでの脱毛以外にも、医療機関でのみ行う事が出来る医療脱毛もあります。

そして、医療脱毛と一言で言っても脱毛方法は一つだけでは無いです。現在医療脱毛として主流で行われているのはレーザー脱毛と呼ばれている方法であり、レーザーを体毛に照射する事で脱毛します。

この方法が登場したおかげで脱毛は大きく変わり、手間や時間をかけずに済むのでコストを下げる事が出来て脱毛に掛かる料金もだいぶ安くなりました。

しかし、レーザー脱毛だけあれば十分という訳では無くて、場合によっては他の方法を選ぶ必要がある事もあります。その方法というのは電気針脱毛やニードル脱毛と呼ばれている方法です。この電気針脱毛という方法は毛穴の一つ一つに針を刺して電流を流す事で脱毛する方法であり、昔はこの方法が主流で行われていました。

ただ、レーザー脱毛よりも痛みが強くて手間が掛かり、しかも技術によってかなりの差が出るという問題があり、コストが安くて済むレーザー脱毛が登場してからはレーザー脱毛の方が主流になっていきました。

主流では無くなってはいますが、それでも脱毛効果が高いというメリットやレーザー脱毛では脱毛する事が出来ないケースでも対応する事が出来るので、完全に行われなくなった方法という訳では無く、今でも十分に需要がある方法です。

ここでの説明の中でも述べたように現在の主流はレーザー脱毛となっていて大抵の人はレーザー脱毛でも十分ですが、白髪であったり産毛をしっかりと処理したいという場合などは電気針脱毛を行うのが良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *