美容皮膚科での施術内容

エステサロンはきれいになりたいという女性に多く利用されていますが、美容皮膚科は医学に基づいて効果的にきれいに近づくことができ、また美容外科のように体にメスを入れないので体の負担も軽く日帰りで利用ができます。

美容皮膚科で行われている施術はたくさんありますが、特殊な光や電気を照射したり、注射で有効成分を注入されるという方法が多いです。脱毛であっても、医療機関でもある美容皮膚科ではレーザーを使用することが許可されているために毛の生える組織を破壊するという方法で脱毛が進められるため、エステサロンでの脱毛よりも早く効果を実感することができます。

レーザーは脱毛の他にもシミやアザ、タトゥーを取りたいという場合にも効果があります。注射による注入では、しわや肌のハリ、ツヤに効果のあるヒアルロン酸やコラーゲンなどがあり、痩身のためのボトックスも受けることができます。美容皮膚科での施術は、医師によってカウンセリングが行われてからその人に合った方法で行われ、注入量や出力などの調整もされます。

痛みが生じる施術もありますが、麻酔も塗るだけのクリームやテープが用意されているので、注射で麻酔を注入するのと違って麻酔のための痛みはありません。万が一、体のトラブルが発生した時にもそばに医師がいるのですぐに対処してもらえます。外科手術ではないので繰り返し定期的に受けなければならない施術もありますが、仕上がりが気に入らなくても元に戻るために気軽に受けることができるプチ整形ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *