美容皮膚科で働く看護師

美容皮膚科は美容に関する医療の中でも皮膚に関する施行に特化した診療科目であり、施行に関しては医師が関わるほか、通常のサロンでは利用できない医療機器などを用いて治療を実施するため、当然医療機関としての取り扱いを受けます。

なので、エステティシャンの代わりとして医師の補助などを行っているのは看護師です。では、美容皮膚科で働く看護師はどのような仕事があるのかと言うと、まず通常の医療機関と違ってそこまで医療行為をするということはあまり無いと言われています。と言うのも、美容皮膚科の場合は外科的な治療だけではなく内科的な治療も行っていくので、注射や点滴以外に実施するようなことはほとんどありません。

薬剤の塗布などもありますが、場合によっては医師が施行するのでその補助が基本的な業務となっています。また、通常の医療機関と大きく異なっているのがノルマなどがあると言うセールス的な面が大きいと言うところです。なので、コースなどのサービス内容を宣伝して患者に利用してもらうように進めるのが大きな仕事となっており、そのためのカウンセリングなども大切な仕事となっています。

そして日勤のみとなっているので夜勤は無く、残業も少ないと言うところが大きな魅力です。このため転職活動をしている看護師の中では美容皮膚科は人気が高く、今までとは違った仕事をしてみたいと思っている人やプライベートを大切にしていると言う人におススメとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *